アイラッシュLento

eyelash Lentのコラム

眉毛の整え方とナチュラル眉メイクのコツ

2017年5月10日  コラム 

 

 

 

時代によって変化し、トレンドのある眉毛。

 


トレンドから掛け離れると今っぽさのない眉毛になってしまいますが、

 

トレンドを意識しすぎてもあなたの骨格には合っていない可能性が

 

 

せっかくのメイクがなんだか違和感・・・となってしまう可能性も。

 

 

 

しっかりとご自身の輪郭骨格にあった形を理解し

 

活かしてあげるのも大事なことです。

 

 

 

眉は顔の8割を決める

と言われている印象を左右する大事なパーツです。

 

あなたの骨格に合った眉毛を手に入れましょう!

まずは骨格にあったバランスの眉毛を

きちんと理解してあげることからスタートしてみましょう。

 

 

 

ポイントは3

 

1.小鼻と目尻の延長線上に眉尻

わかりにくい方は、アイブロウペンシルなどの棒を当てて位置を見つけましょう。

 

2.黒目外側~目尻の間の真上に眉山

 

外側すぎても内側すぎてもダメです。

 

3.眉頭よりも眉尻が下がらないように

眉頭の高さより眉尻が下がってしまうと困り眉になってしまい頼りない印象に

 

 

 

 

 

このバランスをおさえ、自分にあった眉毛を手に入れましょう!

 

 

それでは基本の眉毛の整え方をご紹介します。

 

まずは、眉毛を自然な毛の流れにとかしてあげます
自然な流れにとかさないと、切りすぎてしまう事があります

 
基本的には眉頭~中央辺り上向きに、

中央~眉尻辺りは下向きにまゆ生えている事が多いはずです。

 

 

次に眉毛用のハサミでカットをします。

 

コームで毛流れに沿って軽く押さえてあげ

眉毛のラインからはみ出た部分をカットします。

 
この時に、力を入れて押さえる必要はありません
あくまでも自然しあげたいので、軽く押さえるだけでOKです。

 
そして、理想の眉毛のラインからはみ出て生えている部分抜いてあげましょう

 

理想のラインとは、初めに述べたポイントを繋いだ所です。
わかりにくい方は先に形をペンシルで形どるように描いてみるのもオススメです。

 

 

 

では綺麗に整えられた所で、メイクをしてみましょう!

 

初めにお伝えしたポイントを意識して描いてみましょう。

 

 

1.眉尻と眉山を繋ぐ

 

まずは眉尻の位置を決め、眉山と繋ぎます。

眉尻は小鼻と目尻を繋いだ延長線上で、

眉山黒目の外側と目尻の間の真上に来る所です。

 

その2点を繋ぐように、眉尻の上のラインをペンシルで描いてみましょう。

 

 

2.眉尻(下)を繋ぐ

次に下側を描いてみます。
さきほどの眉尻のポイントと繋がるようにペンシルで描きます。
この時に繋ぎ方によって雰囲気が変わってきます

 

真っ直ぐなラインでつなげるとストレートに。

 

緩やかなカーブを描き先細りになるように描くとシャープな印象に。

 

 

3.パウダーで埋める

眉尻のラインが決まればパウダーで全体的に埋めてあげましょう。
埋めながらさきほどのペンシルで引いたラインをぼかしてあげると

より自然に

 

 

 

4.なじませる

そしてスクリューブラシで毛流れにとかし、馴染ませてあげましょう

 

 

 

5.眉マスカラ

最後に、眉マスカラを使って髪色になじませてあげます
この時にしっかり髪色の色味と合うように気をつけてあげましょう!
その時の髪色に応じて、

 

ベージュ系、ゴールド系、レッド系、ブラウン系など

様々なものがあるので使い分けてもいいかもしれませんね

 

明るさは髪色よりもワントーン明るめがおすすめです

 

 

 

6.最終確認

 

終わったら、鏡から少し離れて確認してみましょう。

近くで見るより左右のバランスが見えやすくなりますよ。
はみ出て描きすぎた部分は綿棒で部分で消して、直してあげましょう。
描いたラインから出てしまうような毛があればカットしてあげます。

 

 

 

 

これで完成です!

 

あくまでもナチュラル眉毛は、やりすぎないのがポイントです。
カットしたり抜くのも揃えすぎない方が自眉毛を生かした自然な眉毛になるので、

少し物足りないくらいでやめてみるのもオススメ。

 

 

きちんと骨格を生かした眉毛であなたにぴったりのメイクにしてみませんか