アイラッシュLento

eyelash Lentのコラム

付けまつげのメリット・デメリット

2017年5月10日  アイラッシュ, コラム 

 

普段アイメイクに力を入れている女性は少なくないかと思います。
その中でも付けるだけでボリュームの出せる付けまつ毛も人気がありますね。

最近では、たくさんの芸能人やモデルさんがプロデュースしていたりすることも有名です。

 

とても便利な付けまつげですが、その中でもメリット・デメリットはあるかと思います。
今回はそちらについてご紹介していきます。

メリット・デメリットを踏まえた上ご自身にあった方法で綺麗になりましょう!

 

 

まずはメリットですが、大きく分けて

1.誰でも同じボリュームになれる、雰囲気を変えられる。

 

付けまつげは専用の接着剤によって装着していきます。
エクステやマスカラとは違い、極端にまつ毛が少ない方でもボリュームのある目元にすることができます。

マスカラの場合、重ね塗りしないとボリュームが出なかったり、

その重ね塗りに時間がかかってしまします。

自まつ毛が短かったり少ない方思い通りの仕上がりにならないこともあるかと思います。

付けまつげにはたくさんの種類があり、少しマスカラをつけた程の自然な目元から、外国人のようなボリュームたっぷりの目元まで、その日の気分やシーンに合わせて簡単に雰囲気を変えることができます。

普段は仕事や立場上、華美なメイクができない方でも、休みの日は思うがままパッチリな目元にしたい!!なんて望みも簡単に叶えてくれますね。

また、デザインが異なるものを選べば、同じようなボリュームで可愛い系やクール系など印象を変えることも可能です。

 

 

2.時間を短縮できる

マスカラの場合、先にも書いたように朝のメイク時間を要すことが多いです。

メイクオフする際も、ウォータープルーフのマスカラを使用した場合などは特に念入りにクレンジングしないと、マスカラが残ったままになります。

それに比べ付けまつげは、付ける事さえ慣れてしまえば朝はすぐ装着できてメイク時間の短縮になりますし、

落とすときもつけまつげの接着剤はお湯で落ちるものがほとんどだと思いますので、簡単に取り外しが可能です。

朝晩、何かと時間を取られるのがイヤ!!という方は、気軽でいいかもしれませんね。

 

3.値段がお手軽

 

付けまつげは、安いものだと100円ショップに売っていたり、高いものだと百貨店においてあるもので約5000円前後など様々です。

マツエクだと、1回につき最低数千円はかかりますね。

しかも、取れるまでデザイン(目元の雰囲気)を変えることはできません。

一度きりではなく、何度か繰り返し使用することも可能ですし、その日の気分によって雰囲気を変えることができる付けまつげはかなりお得と言えます。

 

 

 

次はデメリットですが大きく分けて

1.装着になれるまでが大変

付けまつげは根元に専用の接着剤を塗り、自分のまつげの生え際につけていきます。

しかし、手先を使うのが苦手な方は思った位置につけるのが難しかったりします。

うまく付けられず浮いてしまっていると、とても不自然な仕上がりですし、あまり目頭から近くにつけすぎてしまっても皮膚に当たってチクチク違和感を感じることもあります

他にも左右同じように付けるのが難しかったり、接着剤の量が多すぎてはみ出してしまったり・・・

違和感なく思い通りに付けられるようになるまで、煩わしく感じる方も多いと思います。

 

 

2.自分にあったものを選ぶのが難しい

 

いくら自然なものを選んでも、ナチュラルメイクの方からするとまつ毛だけ浮いて見えがち付けまつげ。

接着部分をメイクで馴染ませている内に、気づけば更に目元のメイクだけ濃くなってしまっていた!!

なんて事にもなりかねません。

また、芸能人などプロデュースしている本人が写真に載っていていますが、元の目が人それぞれ違うため

同じものをつけても同じ目になれるというわけではありません。

写真を見てジャケ買いしたけど、思ってた仕上がりと違った。

つけまつげが自分の目より大きすぎて 

いかにも付けました!という不自然な仕上がりになった

という可能性もあります。

色々なものを試して、やっと自分の目の形や骨格などに合うものを見つけられた!という方も少なくないはずです。

 

 

3.取れやすい

付けまつげはエクステとは違い、接着剤が毎日外すことが出来るような性質となっています。

ですので逆に言えば取れやすい、ということになります。

朝しっかり付けたつもりでも皮脂や汗、涙によって浮いてきたりすることがあります。

そうなると外出先でのお直しが必要となってきますね。

さらに、私の付けまつげ取れてるんじゃないか、取れそうなんじゃないか、

なんて心配になってメイクのチェックを頻繁にしないといけなくなりますね。

夏は皮脂や汗の分泌が増え取れやすくなったり、プールや海に行った際は顔を絶対濡らせない!

と気を遣います。

最近の接着剤は取れにくくできてきていますが、

逆に外す時が大変で、痛かったり一緒に自まつ毛が抜けてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

4.接着剤が合わない

 

 

また、付けまつげは接着剤を使って装着していくため、接着剤が合わない方は皮膚がかぶれることもあります。

取るときに、べりっと思いきり剥すように取ると皮膚を傷つけてしまったり

体調が悪く皮膚が敏感な時につけるとそこからかぶれるように・・・。

ある時突然付けまつげの接着剤が合わなくなり、 エクステに変更する方もいらっしゃるようです

付けまつげにも特徴があるんですね。

 

こういったメリット・デメリットをふまえて、ご自身にあったものを選んでみましょう!