アイラッシュLento

eyelash Lentのコラム

2017トレンド眉

2017年4月6日  アイブロウ, コラム 

 

ファッションやヘアースタイルには、毎年流行りやトレンドがありますよね。

雑誌などをチェックして取り入れている方も多いと思います。

 

ファッションほど流れは早くないですが、眉毛にもトレンドがあるのはご存知ですか?

 

眉はお顔の額縁といわれるほど、大切なパーツ。

眉の形ひとつで人の印象は大きく左右されます。

その眉毛が流行遅れでは、いくらファッションなどオシャレにしていてもどこか残念な印象になることも…

ただし、流行りの眉=似合う眉とは限りませんから、流行をうまく自分の顔(骨格やパーツバランス)に合わせなければなりません。

ではまず、2017年のトレンド眉毛を見ていきましょう。

2017年のトレンド眉毛は果たして・・・。

 

2017年のトレンド眉は、優雅でエレガントな印象を与えてくれるアーチ眉です。

自眉を生かした太さでナチュラルな形のアーチ型。

 
目頭の延長線上から始まり、小鼻と目尻の延長線上に眉尻がきます。

眉山に緩やかなカーブを描くのが特徴です

丸みを帯びたアーチ型の眉は、女性らしさ清楚な印象をもたらしてくれます。

この眉をつくるためには毛の長さがカギになってきます。

ナチュラルなアーチ型を作るポイントは自然な毛流れであること。

 

ついつい毛先が伸びるとすぐに切ってしまう方いらっしゃると思いますが

絶対にやめて下さいね!

 

眉毛のコームで毛先を整え流してあげ、仕上げに眉マスカラを薄く塗ります。

毛先を上向きにする事で目元がハッキリしてリフトアップ効果にもなりますよ。

 

「眉が生えてこない場合はどうしたらいい?」

生えてきて欲しい所が部分的に生えてこなくて悩まれている方は多くいらっしゃると思います。

生えてこなくていい部分は沢山生えてくるのに肝心な部分が生えてきてくれない原因として考えられるのは

処理をし過ぎてしまっただけでなく、実はクレンジングの仕方にも関係しているのです、、、。

 

 

ペンシルやパウダー、眉マスカラを使って眉を書いているにも関わらず、しっかりとアイメイクファンデーション取れて

るかな~とそっちばかりに気を取られ、眉メイクが落ちているかまで意識をされてる方は少ないでしょう。

 しっかりとクレンジングができていないと、毛穴を塞いでしまっている状態になるため、

新しい毛が生えてきにくくなることも。

それが悪化すると一生生えてこなくなる可能性もございますのでお気を付け下さい。

眉抜いて処理をする場合生えてこない場合もございます。

抜き方によっては、毛穴を傷付けてしまいます

ですので、ご自分で処理される際は、絶対に必要のないと思う部分だけ抜き、

 その他の部分は剃って処理する事をオススメします。

 

 

「眉メイクの仕方」

 

 

眉のメイクには、眉の状態に合わせてパウダー・ペンシルタイプ・眉マスカラを使います。

眉毛が元々しっかり生えている場合は、ペンシルはあまりお勧めしません。

濃くなりすぎて印象が強くなりますので、パウダーやマスカラをメインに使用します。

眉毛が薄い、細い場合にはペンシルでしっかりと描き足した上でマスカラで髪の毛と色を合わせましょう。

 

アーチ眉を書く時のNGポイントは、

眉尻だけ薄くなる、形が左右非対称塗りつぶしたような濃さになる、、等。

左右対象に書くコツは片眉ずつ書くのではなく、左右交互に仕上げるとバランスよく書けますよ!

 

 

 

ぜひ、2017年のトレンド眉(アーチ型)にも挑戦してみて下さい!