アイラッシュLento

eyelash Lentのコラム

アイブロウ

目を大きく見せる方法

2019年1月30日  アイケア, アイブロウ, アイラッシュ, ビューティー 

目元は人の第一印象を左右する、とても重要なパーツです。

イキイキと活力溢れる目元はそれだけで好印象を与えますし、逆に目元が暗いと鬱屈とした印象を与えてしまいます。

常に人に見られるパーツだからこそコンプレックスを抱えやすく、こんな目元になりたいと理想を持つ方も少なくないでしょう。

特に女性は、大きくぱっちりとした目元に憧れる方が多いように思います。

今回は、目元を大きくぱっちり見せるメイク方法をお伝えしていきます。

 

1、アイラインで大きく見せる方法

目を大きく、はっきり見せるために使うアイラインですが、ただ引けばいいというものではありません。

目の形によって引き方はそれぞれ異なります。

特に黒のアイライナーは引き締め効果があるので、上下しっかり囲ってしまうと目がきゅっと小さく見えてしまうことがあります。

黒のライナーを使用する時は、目の中央より外側か目尻だけを引くにとどめておきましょう。

この時、目尻の際より3~5mmほどオーバーして引くと違和感なく目を大きく見せることができます。

また、上下まぶたとも粘膜の上にはラインを引かないよう気をつけましょう。

マイボーム腺を塞ぎ、ドライアイを引き起こす原因となります。

まつ毛の生え際に引くのが、衛生的にもオススメです。

最後に、目頭に明るい色のアイライナーでくの字入れてあげると、白目が大きく光が入った印象になります。

 

2、眉毛やまつげによって大きく見せる方法

眉毛の形によっても目を大きく見せることができます。

平行眉よりも、アーチ眉モード眉で眉に高さをだすと、引っぱられて目も高さがあるように錯覚を起こします。

特に目の形に丸みがなく、平たい方は眉で目元に高さが出るようにしましょう。

産毛の処理をきちんと行い、眉周りをすっきりさせると目元の美しさが際立ちますよ。

 

また、まつげメイクを施すことで目を大きく見せることができます

まつげメイクはマスカラつけまつげまつげエクステと種類は様々ございます。

まずはマスカラによって大きく見せる方法ですが、ビューラーを使用するとより効果的に目を大きく見せることができます。

ビューラーでまつ毛を立ち上げ、毛先が上を向くことで視線が上へ流れ拡張効果が得られる訳です。

何度か重ね塗りをすると、ボリュームも出るので目元をしっかり強調できます。

次は付けまつげを使用した方法です。

目尻に長さがあるものをつけると目が横に大きく見え、真ん中に長さがあるものをつけると縦にぱっちりと大きく見せる効果があります。

付けまつげで注意しなければならない点は、あまりボリュームがありすぎるものを選ばない事です。

付けまつげの重さで瞼が下がり、逆に目を小さく見せかねません。

欲張らず、ほどほどのボリュームにしておきましょう。

続いて、まつげエクステによる方法もあります。

エクステも付けまつげ同様、理想の目の形に合わせデザインを選んでみるのがオススメです。

エクステは自まつ毛一本に対し一本装着していくため、まるで自まつ毛のような仕上がりになり、つけまつげよりも自然に大きく見せる事ができます。

また付けまつげと違う点は、取り外す事がないためすっぴんの状態でも目を大きく見せる事ができます。

違和感なく一番綺麗に見せるには、自まつ毛の1.5倍の長さのエクステをチョイスすることです。

長すぎるエクステは悪目立ちしてしまうので、長さを欲張らないように気をつけましょう。

初めに紹介したアイラインでの方法と、マスカラ・つけまつげ・エクステでの方法を組み合わせるとより効果的に目を大きくみせることができますのでお試しください。

 

3.目元のトラブル解消

そもそも瞼がたるんでいたり浮腫んでいては、いくらアイメイクを施しても理想の目元には遠いです。

 

加齢によるもの、生活習慣によるものなど原因はいくつかございますが、しっかりとケアして本来の目の大きさを取り戻しましょう。

・瞼が浮腫んでいる場合

朝起きて鏡を見たら、むくんで腫れていた・・・なんて経験された方もいらっしゃいますね。

まずは一番に十分な睡眠を心掛けましょう。

睡眠不足は美容に大敵です。

浮腫みやすい方は、塩分を摂りすぎている可能性があります。

塩分は水分を体内に溜め込んでしまうので、1日の摂取量を超えないよう注意が必要です。

・瞼がたるんでいる場合

目の周りの皮膚は薄く、20~30代の方でも老化や疲れの影響が出やすいです。

老化や紫外線の影響でコラーゲンやヒアルロン酸など皮膚の弾力を保つ成分が減少していく他、筋肉の衰えなどもたるみの原因です。

エレクトロポレーションで有効成分を注入したり、アイクリームを使用するなどたるみに着目したケアを心がけましょう。

眼輪筋を鍛えるケア(マッサージなど)も忘れずに行うと、より効果的にたるみが解消されます。

 

以上、目を大きく見せる方法をご紹介いたしました。

間違ったメイクやお手入れ方法で、逆に目を小さく見せてしまっているケースもあるので、一度見直してみてくださいね。

 

 

 

眉カットと眉スタイリングの違い

2017年6月13日  アイブロウ, コラム 

 

みなさまは「眉カット」や「眉スタイリング」という言葉を聞いたことがありますか?

最近ではメイクのポイントを眉毛に置くことが増え、それに伴い美容系サロンでも眉に関するメニューを取り扱う所が増えました。

実際サロンでそういったサービスを受けたことがある方は、年々増えています。

そもそも何故今、眉毛にポイントを置くことが増えているのでしょう?

そこには、眉毛は印象に関わる大きな役割を担っていることが関係しています。

 

 

人のイメージは第一印象で8割決まる!?

 

人は出会ってたったの6秒でその人をどういう人か判断しているとも言われます。

人は見た目じゃないとも言いますが、外見が好印象だときっと中身も良いのだろうと勝手に判断してしまいがちなものです。

優しそう、怖そう、しっかりしてそう、などなど、ぱっと見でイメージを決めたことは誰にでもあるはず。

そして同時に、第一印象でついてしまった初めのイメージを覆すのはかなり親密にならないと難しいことも、よく知ってるはずです。

 

では、第一印象を決める決定的要因はどこにあるか?

髪型、服装、話し方などありますが、圧倒的に多いのは顔・表情です。

その中でもとりわけ目元(目つきや眉毛)で判断してる方が多いです。

眉毛がぐっとつり上がってしまっていると本当はとても優しい人なのにキツイ人だと勘違いされたり。

 

眉尻が下がっている頼りなさそうに見えたり。

 

そもそも眉毛が手入れされてなければ、ズボラな印象を与えてしまいかねません。

 

本当の自分を知ってもらえるまでに、

 かなりの損をしてしまう可能性が大いにあるのです。

 

眉ひとつで人に不本意な印象を持たれる。

逆を言えば眉(アイブロウメイク)で自分の印象は

 自在にコントロールできるという訳です!

しかしアイブロウメイクは、自眉毛がボサボサだとなかなかうまくできないので、まず初めに眉を整えることが必要です。

もちろん、処理しすぎて自眉毛がなくなっていると不自然になってしまうので、自己処理のしすぎは禁物です。

 

始めに述べたように、最近ではサロンでアイブロウメニューを導入しているところが増えてきているので、プロに任せてしまうのもオススメです!

そこで先ほどの眉カット眉スタイリングの話になりますが、ではこの2つ名前は似ていますがどう違うのでしょうか?

 

 

眉カットとは・・・

名前の通り、カットのみで施術をします。

いらない部分の毛を、カットのみで処理していくので肌表面ギリギリで毛を切ってもポツポツ見えている状態です。

肌表面のギリギリまでしか処理できないため、数日で毛が伸びてきて綺麗な形をキープするのは少し難しいです。

サロンによってはカミソリやシェーバーも使って処理していく所もあります。

ハサミでギリギリでカットするよりはさらに根元近くで処理することができるので、

肌表面に残る毛の量は少なく生えてくるのも少し遅くはなります。

しかしカミソリなどで処理すると肌表面の角質を取りすぎ傷つけてしまう可能性があるため、頻繁なお手入れは負担がかかってしまう恐れがあります。

カットのメリット肌への負担が少ないことと、ワックス脱毛などに比べすぐ生えてくることなので、セルフで失敗してしまった時も再生するまで我慢する期間が短く済みます。

その代わり眉の長さを切りすぎたりしてしまうと、人相の悪い薄すぎ眉になってしまうので要注意です。

そして全体的に長さをカットしてしまうと、切り口が太くなってしまうため自然さが損なわれます

 

 

眉スタイリングとは・・・

はみ出た部分をカットし、さらにいらない部分はワックス脱毛していきます。

ワックスで脱毛すると毛根から毛を取り除くため、眉カットと比べ次に生えてくるペースが遅くなります。

そのため眉カットより、

眉スタイリングのほうが持ちが良いとされています。

ワックス脱毛は脱毛する瞬間に若干の肌への負担がありますが、基本的には1ヶ月前後のペースとなるため、早い方でも1月に2回ほどの施術ですのでお肌の負担も安心です。

そして施術後はスキンケアをしてお肌の鎮静をして整えてくれるサロンがほとんどだと思います。

また、ワックス脱毛では一気に脱毛していくため施術時間も短縮されお客様への負担も少なく済みます。

そして産毛も同時に絡め取ってくれるため眉の輪郭がよりはっきりし、立体感のあるとても綺麗な眉毛になりますよ。

カミソリでの自己処理ですと先ほどもお伝えしたように肌表面の角質まで取り過ぎてしまい、とてもお肌に負担が掛かってしまいますので

ワックス脱毛の方がかなりお肌には優しく安心なんです!まゆ

そして眉スタイリングは美眉の理論に沿って、各々の骨格やパーツバランスに合わせ作っていくので、

お客様一人一人に似合わせ眉をご提案することができます!

 

 

いかがでしたか?

眉カットと眉スタイリングの違いがわかりましたか?

自分でも簡単にできるのは眉カットですが、好印象を与えられるような綺麗な眉にしたいなら眉スタイリングの方がお勧めです

 

 

http://www.eyelash-lento.jp/reservation/

 

LINEからもご予約がお取り出来ます。↓

http://line.me/R/ti/p/%40odg7190z

 

 

 

 

 

 

2017トレンド眉

2017年4月6日  アイブロウ, コラム 

 

ファッションやヘアースタイルには、毎年流行りやトレンドがありますよね。

雑誌などをチェックして取り入れている方も多いと思います。

 

ファッションほど流れは早くないですが、眉毛にもトレンドがあるのはご存知ですか?

 

眉はお顔の額縁といわれるほど、大切なパーツ。

眉の形ひとつで人の印象は大きく左右されます。

その眉毛が流行遅れでは、いくらファッションなどオシャレにしていてもどこか残念な印象になることも…

ただし、流行りの眉=似合う眉とは限りませんから、流行をうまく自分の顔(骨格やパーツバランス)に合わせなければなりません。

ではまず、2017年のトレンド眉毛を見ていきましょう。

2017年のトレンド眉毛は果たして・・・。

 

2017年のトレンド眉は、優雅でエレガントな印象を与えてくれるアーチ眉です。

自眉を生かした太さでナチュラルな形のアーチ型。

 
目頭の延長線上から始まり、小鼻と目尻の延長線上に眉尻がきます。

眉山に緩やかなカーブを描くのが特徴です

丸みを帯びたアーチ型の眉は、女性らしさ清楚な印象をもたらしてくれます。

この眉をつくるためには毛の長さがカギになってきます。

ナチュラルなアーチ型を作るポイントは自然な毛流れであること。

 

ついつい毛先が伸びるとすぐに切ってしまう方いらっしゃると思いますが

絶対にやめて下さいね!

 

眉毛のコームで毛先を整え流してあげ、仕上げに眉マスカラを薄く塗ります。

毛先を上向きにする事で目元がハッキリしてリフトアップ効果にもなりますよ。

 

「眉が生えてこない場合はどうしたらいい?」

生えてきて欲しい所が部分的に生えてこなくて悩まれている方は多くいらっしゃると思います。

生えてこなくていい部分は沢山生えてくるのに肝心な部分が生えてきてくれない原因として考えられるのは

処理をし過ぎてしまっただけでなく、実はクレンジングの仕方にも関係しているのです、、、。

 

 

ペンシルやパウダー、眉マスカラを使って眉を書いているにも関わらず、しっかりとアイメイクファンデーション取れて

るかな~とそっちばかりに気を取られ、眉メイクが落ちているかまで意識をされてる方は少ないでしょう。

 しっかりとクレンジングができていないと、毛穴を塞いでしまっている状態になるため、

新しい毛が生えてきにくくなることも。

それが悪化すると一生生えてこなくなる可能性もございますのでお気を付け下さい。

眉抜いて処理をする場合生えてこない場合もございます。

抜き方によっては、毛穴を傷付けてしまいます

ですので、ご自分で処理される際は、絶対に必要のないと思う部分だけ抜き、

 その他の部分は剃って処理する事をオススメします。

 

 

「眉メイクの仕方」

 

 

眉のメイクには、眉の状態に合わせてパウダー・ペンシルタイプ・眉マスカラを使います。

眉毛が元々しっかり生えている場合は、ペンシルはあまりお勧めしません。

濃くなりすぎて印象が強くなりますので、パウダーやマスカラをメインに使用します。

眉毛が薄い、細い場合にはペンシルでしっかりと描き足した上でマスカラで髪の毛と色を合わせましょう。

 

アーチ眉を書く時のNGポイントは、

眉尻だけ薄くなる、形が左右非対称塗りつぶしたような濃さになる、、等。

左右対象に書くコツは片眉ずつ書くのではなく、左右交互に仕上げるとバランスよく書けますよ!

 

 

 

ぜひ、2017年のトレンド眉(アーチ型)にも挑戦してみて下さい!

眉の形で印象が変わる?綺麗な眉毛の整え方!

2017年4月6日  アイブロウ, コラム 

 

 

 

眉は目と同様にその人の印象が決まる部分となります。

 
形を少し変えるだけでも大きく印象が変わる事もございます。

「眉の形でどう見えるのか?」

 

・細眉の印象

 

こんな方にオススメ→顔が小さく、目が大きい人

ただし、眉の下を空けすぎてしまうと

逆に目が小さくみえてしまいますのでお気を付け下さい。 
細眉はキリッとした女性らしい印象になりますので童顔が気になられている方にぴったりな形です。

・太眉の印象

こんな方にオススメ→目が小さく、顔が大きい方
眉頭・眉尻をながくすると 目が大きく見えて小顔効果にもなります。太眉は角度を付けず平行にすると顔の印象がハッキリとなるので

薄顔さんにもオススメですよ。

 

・平行眉の印象

こんな方にオススメ→面長な顔

眉毛に角度付ける、顔が少し長く見えてしまうので注意です。

大人っぽさを目指している方、落ち着きのある雰囲気の印象で若々しくみせたい方にもおすすめです。

細眉にすると、カジュアルファッションに似合います。

 

・困り眉(下がり眉)の印象

 

こんな方にオススメ→吊り目で印象がキツイ方。

 
自然なふんわりとした印象にしたい方、おっとりとした印象にしたい方。

 
下げ過ぎると不自然ですが並行より少しだけ下げると柔らかい印象になります。

 

・アーチ型(コーナー型)の印象

 

 

こんな方にオススメ→おでこのラインが広い方。顔がうすい方。

眉頭から眉山まで緩やかなカーブを描き、眉山は角度をあまり付けず、 
丸みを帯びたような形。

女性らしさを出したい方、可愛らしく清楚な印象にしたい方。

 

 

・モード型の印象

 

 

こんな方にオススメ→丸顔の方柔らかく、若々しい印象の方

知的で大人っぽい印象にしたい方。切れ長な印象の目元になります。

眉の形によってこんな風に色々な印象に変える事が出来ます。

 

「綺麗な眉毛にするためには?」

 

まずは眉毛の位置をお伝えしますね。

眉頭小鼻の延長線上目頭の延長線上の中間

眉頭の位置は自然に仕上げるために重要なポイントです。

眉山→眉山は、眉のカーブの1番高い部分のところです。

正面から見て黒目外側と目尻の間に眉山の頂上がくるようにすると、
表情に合わせて眉も動くので自然な仕上がりになります。

眉尻→眉尻は、眉山よりも下にある部分です。

小鼻の外側から目尻にかけての延長線上にあるとバランスが良くなります。
眉頭よりも位置を下げないのがポイントです。

 

このように眉毛を書くと 整った形の眉毛にする事が出来ますので参考にして下さい。

 

「眉毛の整え方」

1.まずは自分の眉を見て明らかに不要な毛を確認します。

 
スクリューブラシで(アイブロウブラシ)で毛流れを整えます

 

2.眉上と眉間の不要な部分を剃り、眉からはみ出す毛も眉ハサミでカットして下さい。

 

3.眉の形を決めて毛の長さを決め整えます。

不要な毛を取り除く事が目的ですので
毛流れに合わせないと細くしすぎたり
眉毛を切りすぎてしまう事があるので気をつけて下さい。

眉毛の形を書いて整えると整えやすいのでオススメです。

 
全体のバランスを見ながら処理出来るので、眉毛を切りすぎる事を防ぐ事が出来ます。

 

「まとめ」

 

眉毛は顔全体の印象を大きく変える大切なパーツです。

 
自分の眉をしっかりと把握してお伝えした眉毛の位置を参考にし

 
眉頭、眉山、眉尻を確認して頂き

 
なりたい眉自分に似合う眉を決めて整え、左右のバランスにも気をつけながら

 
書くようにして下さい。

 

自分なりの眉の形を作り上げるのに慣れるまでは失敗もしたりすると思いますが

 
何度か続けると必ず上手になっていきますよ!

 

 

 

 
一番気をつける事は、毛抜きで抜く場合、抜いてしまうと

 
生えてくるまで時間がかかってしまいますので

 

 

 

しっかりと注意し形を整えるようにお願いします。

 

 

 

 

 
頭の中でイメージしながら整えたり

 
芸能人の眉を真似したりするだけでも整えやすくなりますので

 
一度お試し下さい。

 

 

 

眉毛の形で自分らしい魅力を引き出してみましょうね。