アイラッシュLento

eyelash Lentのコラム

よくある質問

妊婦さんにもオススメのまつ毛エクステ

2017年6月14日  よくある質問, アイラッシュ, コラム 

 

まつ毛エクステの魅力の一つは、すっぴんの状態でもまつ毛にボリュームがあって、まるでアイメイクをしているかのような目力のある目元になれることですよね。

 

メイク時間を短縮できることもあり、仕事・家事・育児などに忙しい方にぴったりなのですが、

実は妊婦さんにもまつ毛エクステってオススメなんです。

 

妊娠中にエクステをすると胎児に悪影響ではないか?

と心配でエクステができない・・・という方もいらっしゃるでしょう。

妊娠初期の頃はつわりなどが辛く、毎朝メイクをするのもしんどい・・・なんて事もあるかと思います。

その点エクステをしていると、しんどくてメイクできなくても目力はちゃんとあるので心強いですよね。

 

ちなみに妊婦さんでもエクステを付けることは可能なんです!

しかし、妊婦さんがエクステをするにはいくつか注意点がありますので、しっかりと理解した上で施術を受けましょう。

 

それではまず、まつげエクステを付けるメリットについてご紹介します。

〇すっぴんでもアイメイクをしているみたい

メイクの中でアイメイクに力を入れている女性が多いのではないでしょうか。

そんな方には特にオススメ!
エクステには様々な種類があり、カール次第ではビューラーをしているようにぱっちりした仕上がりにもできますし、長さや本数を加減すればナチュラルからふさふさまでお好みのまつ毛にできるんです。

また、自然なアイライン効果もあるので、メイクをしなくてもはっきりとした目元になるのがまつ毛エクステです。

 

さらに、人の印象は目元で左右される事が多いのでエクステをして目元がはっきりしているだけで、快活な印象を与えられます。

メイク時間が短縮されるだけで、しんどかったり忙しい妊婦さんはとても楽になりますね!

出産間近につけておけば、出産後のお写真目元がはっきりして写れますし、誰かが突然お見舞いに来てくれた時も安心ですよね

 

 

それでは妊婦さんがエクステをする際の注意点についてご紹介します。

 

・つわりがしんどくないか

 

妊婦さんがよく気分が悪くなっているつわりですが、早い方で4~5週頃から辛くなりはじめ、9週前後がピークと言われています。

つわりの症状に個人差はあるものの、まつげエクステサロンでは使用するグルーの匂いなど普段の生活で嗅ぐことのない香りがする可能性があります。

それによって、途中で気分が悪くなってしまうことも・・・。

 

体調が優れない、気分が悪い時は無理をせず、家で安静にしてましょう!

安定期に入ってから施術を受けることをオススメいたします。

 

・体勢が苦しくないか

お腹が大きくなってくると仰向けで寝るのが苦しくなるという方が多いようです。

うつ伏せで寝ると圧迫してしまうため、横向き寝る、という方がほとんどではないでしょうか。

まつげエクステは仰向けで、なおかつ1~2時間施術にかかるため、長時間仰向けで寝るのがしんどい方には向きません。

ちなみに、施術台がフラットになるまで背もたれを倒さない、リクライニングチェアタイプもございます。

サロン側に施術台がどのようなものか、事前に確認しておくのもよいでしょう。

 

・ホルモンバランスの崩れ

妊娠中ホルモンバランスが通常と異なるため、肌がトラブルを起こしやすい敏感な状態となっています。

そのため肌荒れしやすかったり、普段使用できていた化粧品が急に肌に合わなくなることがあります

 

 

 

エクステも同様、普段だと大丈夫でも妊娠中だとグルーの刺激を受けやすいことがあります。

いつも大丈夫という方でも一度パッチテストを受けられることをオススメします。

また、お店によっては安全性を配慮し、妊婦さんをお断りすることもございますのであらかじめ確認しておきましょう。

 

 

グルーの他にも、施術の際目元に貼るテープも肌に優しい低刺激のものが準備されているサロンだと尚安心です。

 

・施術台がリクライニングチェア

 


先ほどもお伝えしたように、お腹が大きくなってくるとリクライニングチェアタイプがオススメです。

フラットタイプのベットだと完全に真上を向かないといけないですし、自分で台に上がって寝転ぶのはしんどい・・という方にも安心です。

そして、リクライニングチェア自体の寝心地もふかふかのことが多いので、思わずぐっすりリラックスしてしまうことも。

 

 

以上のポイントを気をつければ、妊婦さんでも安心してエクステをして頂くことが出来ます。

今までになかったたくさんの大変さを味わう時期かと思いますが、

エクステで気分を変えてマタニティライフを楽しめればいいですね!!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

まつ毛エクステ・マスカラ・付けまつ毛どれがいいの?

2017年5月18日  よくある質問, コラム, ビューティー 

 

 

ここ数年、お仕事や子育てなどで忙しい女性から

『メイク時間を短縮できる』

と大人気のまつ毛エクステ

忙しい朝は1分でも1秒でも惜しいところ。

かと言ってアイメイク無しで外に出るなんて・・・というのは多くの女性が思うところではないでしょうか?

まつ毛エクステだと毎日マスカラを塗らなくてもよく、また、すっぴんでも目力がUPしますので、忙しい女性にとっては大きな味方になりますね。

しかし、まつ毛エクステによるトラブルなども耳にする機会があると思います。

 

そこで気になるのが、

『ぶっちゃけ、マスカラ・まつ毛エクステ・付けまつ毛どれがいいの?』ではないでしょうか?

その疑問を解消すべく、

マスカラ、まつ毛エクステ、付けまつ毛の違いについてお伝えしていきます!

 

 

「マスカラの場合」

マスカラは皆さんご存知の通り、自分でまつ毛に塗るだけです。

費用があまりかさむことなく、濃さや色味もその日の気分で変えられます。

ですが、マスカラはどこまで使い切ってから捨てるべきなのかな?と、判断が難しいこともあり、

残り少ないものも頑張って使用してしまう場合が皆さん多いのではないのでしょうか?

しかしこれは、過度な重ね塗りに繋がりますのでまつげへの負担が増えてしまったり、ダマの原因となります。

ダマダマになった、ひじきのようなまつ毛では綺麗な目元とは言い難いですね。

また、マスカラを塗る際にビューラーでしっかりとまつげをあげる方が多いと思いますが、その時にかかるまつ毛への負担はとても大きく、抜け毛切れ毛の原因となっています。

また、マスカラのブラシに目の粘膜が触れることでバイ菌が付着してしまうこともごくまれにあります

それをそのまま使用していると、衛生面でもあまりよくありませんので2~3ヶ月で買い換える事が理想と言われています。

 

「まつ毛エクステの場合」

 

 

まつ毛エクステは、実際につけられた事のある方でないと想像しにくいかもしれませんが、

まず始めにカウンセリングし、仕上がりのイメージを確認してから施術に移ります。

そして、自まつ毛1本1本に対し、まつ毛エクステを専用のグルー(接着剤)で付けていきます!

グルーでアレルギー症状が出ないかご心配な方は、事前にパッチテストを受けることも可能です

施術中はベットやソファーに寝転び、目を閉じているだけです。

まつ毛への負担はないのか?と、思う方もおられるかもしれませんが、毎回プロがしっかりとカウンセリングをしております。

お客様のご希望に添いながらまつ毛の状態にあったまつ毛エクステのデザインを提案

しておりますので、まつ毛の状態が分かり、いつも安心です。

まつ毛のサロントリートメントもございますので、しっかりとケアして頂くとまつ毛エクステを

付けながらにして、ハリ、コシのあるまつ毛へと育てていくことも可能です!

また、まつ毛エクステには、カール太さ長さなど、様々な種類があります。

まつ毛も髪の毛と同じように、人によって太さ、長さ、毛質に違いがあり、目の形、大きさ、一重まぶた・二重まぶたなども異なります

各々に合わせたカール、太さ、長さ、色、本数の組み合わせによって、できるデザインは無限大と言っても過言ではありません。

細かい部分まで希望に合わせてデザイニングができるので、一番理想の目元に近づきやすいかもしれませんね。

ただ、継続するには時間やお金がかかる洗顔やケアにとても気を遣うなど、人によっては煩わしく感じる面もあります。

 

「付けまつ毛はどうなの?」

付けまつ毛は、自まつ毛の生え際に重ねて付ける人工のまつげのことを言います。

装着する時は専用接着剤を使い、目の際に貼っていきますので、付け外しが簡単です。

今は種類や価格帯が多岐に渡り販売されていますので、どなたでも簡単に目元のオシャレを楽しむことができます

仕事柄普段あまり華美にメイクができない・・・なんて方は、休日だけお気に入りの付けまつげでオシャレするのもいいですね。

まつ毛エクステは一度付けると、取れるまで同じデザインで過ごすことになりますが、付けまつげは毎日付け外しするものなので、その日の気分によって色々なデザインを選べるのも一つの魅力です。

ただ、汗や水分に弱く取れやすいという欠点も。夏場は特に大変かもしれませんね。

また、はがす時に皮膚に負担がかかる自まつ毛も一緒に抜けてしまうなんてこともあります。

ずっと続けると、気づいた時には自まつ毛がボロボロ・・・なんてことになっているかもしれませんね。

 

「まとめ」

いずれにもメリットデメリットがございます。

自分の価値観・ライフスタイルに合ったものを選ぶのが一番ですが、まだまつ毛エクステをされたことのない方は、一度チャレンジしてみてもいいのではないでしょうか?